映画を作ることについて

映画作品というのは国内だけではなく、海外でもたくさんの作品が1年の間に公開されています。

そのため自分でも映像作品を作ってみたいと考える人は多いのですが、どのような形で作るのかによっては自主制作として映画を作ることもできます。

つい映画というと壮大なスケールで様々な器材や資金がないとできないと思ってしまいがちですが、そのようなことはありません。

自分が作りたいと思った作品であれば家庭用のビデオカメラでも作品を作ることができますし、工夫次第によっては人に感動を与えるような作品を作ることができます。

ではどのようにすれば自分で映画を作ればいいのかというと、まずはどのような作品を作るのかという企画をたてます。

この企画というのは自分達だけで作るのであれば必要ないのではないかと思ってしまいますが、そのようなことはありません。

どんなに短い作品であったとしても、企画書があるかないかで全く違ってくるのです。

では企画書が出来上がったら次はどのようなことを用意すればいいのかというと、脚本です。

脚本というのはどのようなお芝居をしてもらうのかということなのですが、この脚本ができたらどのぐらいの人数の役者さんを集めなければいけないといけないのかについて考えなければいけません。

このように準備をしていくと、自分でも作品を作ることは可能です。