映画「一命」に出演している役者について①

「一命」という映画には、様々な俳優さんが出演しています、まずは主人公である津雲半四郎を演じたのは市川海老蔵さんです。

市川海老蔵さんは歌舞伎界では名門と言われている市川家の当代です。

屋号は成田屋なのですが、歌舞伎界ではとても有名な家系であります。

現在の市川海老蔵さんは11代目なのですが、歌舞伎界でも様々な作品に出演して話題となっています。

今回は時代劇の出演なのですが、以前にNHKの大河ドラマで主役をつとめたということで、時代劇でも一定の評価を得ています。

海老蔵さんは市川家の当代ということで幼少時から厳しい稽古を受けており、また家柄や伝統を守らなければいけないとう重責があります。

ですがそれらのプレッシャーもはねのけるような豪快さがあるため、歌舞伎ファンだけではなく現代劇においても映画作品のファンの人がたくさんいます。

そしてもう一人の重要人物である千々岩求女を演じた瑛太さんも、数々の作品に出演している実力派の俳優さんです。

ホットドッグ・プレスという雑誌でモデルデビューを果たしたのですが、その後「さよなら、小津先生」という作品でドラマのデビューを果たしています。

最初の頃は脇役が多かったのですがどんどん出演作品が増えるにつれてその実力が求められることが多くなり、現在では他の映画作品で主役を張るような役者さんになっています。